サービス利用の流れ

認定結果の通知からスタート

訪問看護サービスが開始されるまでの流れについてですが、これは保険制度によって流れは変わってきます。

介護保険サービスを利用する際には、介護保険の申請手続きを行うことからはじめ、要介護認定を受ける必要もあります。

通常、1か月以内で認定結果が通知されるわけですが、ここからがスタートとなります。

対象となる場合

介護保険の対象となる場合は、まずは要介護の認定を受けることになります。

要介護認定を受けたらケアマネージャーへ相談をします。

そして、主治医から訪問看護指示書による指示を受けてから訪問看護ステーションと契約をすることになります。

医療保険の場合は主治医または訪問看護ステーションへの相談を行い、主治医から訪問看護指示書により指示を受け、訪問看護ステーションと契約をするという流れになり、自費の場合は自費の訪問看護事業者に相談をし、同様に主治医から訪問看護指示書の指示を受けるという形になります。

介護認定審査会での審査や判定

要介護の認定についてみてみましょう。

要介護認定の申請は、市町村の介護保険窓口、そして地域包括支援センターに書類を記入して提出することで申請が可能となります。

その後、認定調査員が訪問して家族や本人からの聞き取りが行われ、主治医による意見書が提出されることになり、この内容に基づいてコンピュータ判定、介護認定審査会での審査や判定によって要介護度が決定されます。

要介護度が決まった後は、通知書が郵送で届くことになり、その結果に基づいて、ケアマネージャーに相談してどのような介護サービスの利用をするかというケアプランの作成が行われます。

そして、介護事業者を決める際には、ケアマネージャーが紹介する事業者のいくつかの中から、自分に適している事業者を選んで契約を締結することになります。