利用条件

医療保険と介護保険

もし、訪問看護を受けたいと思ったときの条件はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、介護保険にある訪問看護を利用する場合です。

介護保険が必要とする場合には、他の介護サービスを同時に必要とするため、多くの人が介護保険の申請をして要介護認定後に訪問看護を利用することになります。

医療保険と比べると、介護保険のほうが自己負担額が小さいというメリットがあるのです。

制限を知っておくこと

自費で訪問看護の利用をする場合についてです。

介護保険や医療保険のような訪問看護の場合、要介護度を含めた様々な条件に応じて、利用できる回数や時間数に対して制限が作られています。

重い病気、症状を持っている場合には、家族が十分に介護ができないという場合には、公的な訪問看護では十分にサポートを受けることができないことがありますから、その場合には自費での訪問看護を利用することで、公的な訪問看護で足りない部分でのサポートを受けられるのです。

保険制度での訪問看護の利用条件としては、65歳以上の場合、介護保険の訪問看護を使う場合には、条件を満たされた方で、医療保険の訪問看護を利用する場合は、医師により訪問看護が必要であるということを認められた上で、介護保険の要支援や要介護に該当しない方が条件となります。

該当の有無

65歳未満40歳以上の方で、介護保険の訪問看護を利用する場合は、16特定疾患の対象者で、要支援・要介護の認定をされた方となり、医療保険の訪問看護を利用する場合には、医師が訪問看護が必要であることを認めた上で、16特定疾患の対象でない、対象であっても解除保険の要支援・要介護に該当しない方になります。

ちなみに、慈悲の訪問看護の場合は、要介護度や症状の程度など、を問わずに、すべての方が使うことができます。

その他、特例として、介護保険での認定を受けた方としても、次の条件に当てはまる場合には、医療保険の訪問看護を使うことができます。

介護保険における、厚生労働大臣が定める疾病などの方や、病状の悪化によって医師の特別指示が出されている方は、医療保険の訪問看護を利用することが可能です。