訪問看護師のサービス

具体的な内容

訪問看護というのは、病気や障害を抱えて自宅で療養をしているという方に、看護師をなどのケアスタッフが訪問し、療養生活の世話、診療などの補助を行うというものです。

訪問看護のスタッフというのは、街中の訪問看護ステーション、医療機関などに所属している人で、看護師や准看護師、助産師、作業療法士、言語聴覚士、保健師、理学療法士などの国家資格を持っています。

では、この訪問看護が提供しているサービスの内容はどのようになっているのでしょうか。

まずは、療養環境の確認や助言となります。

介護保険サービスの手配状況を確認したり助言を行うといったもの、居室やベッド周りの安全確保や換気、空調、採光などの確認や助言なども仕事になります。

そして、車いすや介護ベッドなどの福祉用品を手配状況の確認や助言に、医療用品の手配などがこれに含まれます。

健康状態の観察や療養生活の助言なども行います。

血圧や体重、呼吸に脈拍をチェックすることも行いますし、利用者の状態確認も行います。

そして、食事や運動に休養といったところへの助言も仕事として行います。

治療のための看護

病気の治療のための看護も仕事の一つです。

薬の服用方法の指導法や服薬確認をはじめとして、血糖測定や浣腸、摘便、たんの吸引、ガーゼ交換、点滴、注射や採決、床ずれ処置や人工肛門・パウチ交換、経管管理、永久気管孔管、人工呼吸器管理、在宅酸素療法など、様々な仕事を行うことになります。

とにかく身の回りに関することを行うことが仕事になります。

療養生活のお世話というのも大切な仕事となります。

食事の手伝いから始まり、口腔内のケア、洗面に洗髪、シャワーの入浴の手伝い、髭剃りや着替え、整髪などを含めた身だしなみを整えること、排せつの手伝い、体の向きを変えてあげること、車いすやベッドに乗り移ることへの手伝いなどがそこに含まれます。

心理的な看護

また、精神的に心理的な看護を行うことも仕事となります。

手足や頭をマッサージしてリラックスをしてもらうことや、会話の相手をゆっくりとする、テレビや読書、音楽鑑賞などの手伝いなどを行います。

加えて、散歩や旅行への付き添いもして、気分転換の手伝いを行ったりしますし、神経疾患の患者さんとの文字盤を使用した会話に、不眠時や精神的な時に不安定な場合に見守ったり声をかけたりしますし、治療やリハビリへの意欲喚起なども行うことになります。

これ以外にも、在宅でのリハビリテーションや、介護する家族の相談や技術指導に、介護サービスの使いかたや連携方法の相談、終末期のケアやお看取りなども訪問看護師の大切な仕事になります。