訪問看護師の給料

需要が伸びている

01m訪問看護師の給料や年収はどのくらいなのかということについて紹介します。

訪問看護ステーションに所属しており、病院やクリニックには所属せずに在宅療養者の看護を行うことになるのが訪問看護師という仕事になります。

これから、超高齢化社会に突入することになる日本において、訪問看護師の需要はさらに伸びていくことが予想されているのです。

日勤中心であり、子育てや家事との両立もしやすいといわれているのが訪問看護師の仕事ではありますが、どのくらいの年収や給料を受け取ることができるのでしょうか。

訪問看護師の給料や年収の平均的なところについて紹介します。

具体的な金額

まずは、訪問看護師の平均的な給料についてですが、これは大体25万円から32万円ほどになり、平均的な年収額は400万円から500万円ほどとなります。

高水準な訪問看護師の給料については、約38万円ほどで、年収については600万円程度です。

ちなみに、訪問看護師でも低水準な場合における給料は、22万円ほどであり、年収になってくると大体350万円ほどになります。

実際、低水準だといっても、それなりにたくさん給料を受け取ることができるのが訪問看護師の仕事だといえます。

ちなみに、どうして年収に関して差があるのかについてですが、これは就業先である訪問看護ステーションが民間の事務所であることと、都市部地方部では収入に差が出るということが理由となっており、必然的に地方と都市部においては収入に対して差が出てしまうことになるのです。

給料についてもう少し知りたいならこちらのサイトがオススメです。
>>夜勤なしでも高水準?訪問看護師の年収相場とお給料

ただ、訪問看護師の仕事に関して言えば、ほとんど夜勤の仕事がありませんし、日勤が中心になっているということを考えるのであれば、日勤のみのクリニックで勤務することを考えた時には条件はかなり良い仕事になると言えるでしょう。

前述の通り、訪問看護師の仕事は首都圏や都市部であれば高収入が期待できるものでありますから、安定した生活がしたいという方にとっては良い仕事になるのではないかと思われます。

ただ、もしも首都圏や都市部以外での看護師としてのレベルの高い収入を期待したいというのであれば、やはり夜勤があるような大きな病院で働くのがいいかと思われます。

看護師として働くに高いレベルでの収入を期待できるところは、夜勤、都市部、大病院、そして美容外科、精神科、心療内科などで働くことになります。

ハイレベルな報酬を期待したいというのならば、どちらかと言えばこうしたところで働くといいでしょう。

日勤がほとんど

訪問看護師として働くことのメリットは、何と言っても夜勤がなくて日勤がほとんどだというところです。

そのため、結婚生活や子育てに対して負担をかけることが少ないという点であり、仕事との両立もしっかりできるというところがあります。

それから、訪問看護師の仕事というのは、原則として一人で行う仕事になりますから、病院での人間関係などのトラブルで悩んでいるという方、そして病院内で得たスキルを最大限に生かしたいと思っている方にとっては最適な仕事となります。

また、結婚や出産などでのブランクがあるというような場合、病院で十分な経験や実績を積んでいて、そろそろ別の仕事を探したいなと思っている方にとっても向いている仕事となりえます。

訪問看護師としての仕事を探しているのならば、転職サイトを探してみるというのも一つの手です。