訪問看護師の一日

健康状態や症状のチェック

訪問看護を行う仕事をする人を訪問看護師と呼ぶのですが、これは、現在脚光を浴びている仕事の一つとなっています。

病院や診療所には所属せずに、訪問看護ステーションから、利用者の自宅訪問を行って対象者を看護するというのが訪問看護師の仕事となるのですが、詳しい仕事内容や役割というのは、どのようなものとなるのでしょうか。

まず初めに知っておくべきこととしては、訪問介護の対象者については、病院に入院することはなく、在宅での療養を選んでいる人であるということです。

対象となる人は、要看護を認定されている人たちであり、訪問看護師は仕事を利用者の主治医の指示、そして連携を行って看護を行うこととなるのです。

訪問看護師は、医師の出す指示書に従って、健康状態の観察や病状のチェックを行っていきます。

適切な対応

医師の指示に従って、対象者にとって必要とされる医療処置や医療機器管理、指導などを行います。

この医療処置というのは、カテーテル交換や点滴、インシュリン注射に血糖測定などになり、対象者が終末期という場合には、痛みのコントロールに加え、緩和などの処置を行うことになります。

訪問看護の際には、血圧や体温、呼吸、脈拍などをチェックすることはもちろん、そのときの状態に応じたアドバイスなども行いますが、このとき特定の病気がある場合には、主治医の指示に従い、状態を観察しながら適切な対応を行うことになります。

そして、訪問看護師の役割として、対象者の生活サポートというものがあります。

これは、在宅療養者の食事や排せつなどをはじめとしたケア、サポートを行うこととなります。

目的は対象者によってさまざまですが、社会復帰、自立などのサポートや、精神状態を常に穏やかにいられるようなサポートをすることもあります。

快適な療養を目指して

対象者にとって快適とされる療養に対して必要な介護を行うことはもちろんですし、嚥下訓練や呼吸訓練に加えて栄養指導や機能回復ケアなども行うことになります。

そして、訪問看護師は療養者のメンタルケアやそのサポートなどを行うことになります。

訪問看護師は、対象者が在宅で療養していくためのメンタル面のケアを行うと同時に、対象者の家族や同居者の相談へのアドバイスも行いますし、必要があれば相談窓口の紹介なども案内することになります。

こうしたことが看護師の主な仕事内容や役割となります。

ちなみに、訪問看護の対象者はかなり広い範囲になっているため仕事内容を限定的に紹介することはできません。

大きな意味で言えば、在宅療養者が快適に療養することをサポートすることが訪問看護師の仕事であり看護師としての確かな経験を積むということに役立てることができる仕事だといえるでしょう。